[司法書士・行政書士よどがわ事務所]


司法書士・行政書士業務に関するご相談はよどがわ事務所で!

司法書士・行政書士 よどがわ事務所
大阪市東淀川区瑞光1−3−12 明徳ビル205号
電話 06−4967-9119 FAX 06−6379−3990
司法書士・行政書士業務に関するメールでのご相談はこちら

相談業務について


 弊所では不動産登記や不動産登記、契約書、著作権、簡裁訴訟代理等関係業務などといった業務に関するご相談を受け付けております。
業務についての一般的な問い合わせやお見積については無料ですのでお気軽にお問い合わせください。
 尚、弊所所在地は大阪ですが、FAXやメール・電話のみのやりとりで業務の受任の可能なものにつきましては、
全国対応も可能ですので、遠隔地の方であっても業務の受任が可能です。

全国対応の可否について詳しくは弊所までお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。

◆相談業務報酬の具体的額について

弊所において業務相談報酬については対面式の場合、1回5,400円(1時間まで)の料金となっております。
他の事務所様は30分〇円といった形で区切られているところも多く見られますが、30分単位で
区切ってしまうと消化不良になってしまうことや時間を気にして話せない方もいると思いますので、
十分にゆっくりと話せる1時間という時間を確保させていただいております。
尚、メールや電話による相談の場合は、一概に値段を明示するのが困難なためお問い合わせ内容を
元に事前に値段を提示させていただき、納得していただいてから相談業務に入らせていただきたいと
思います。
また、業務相談(出張相談を除きます)の結果、登記依頼や契約書作成依頼等の業務の受任に至った際には先に
頂いた相談報酬は後の業務報酬に充当し、結果的に業務相談報酬を無料とさせていただく方針をとっております。

◆一般的な問い合わせをする方法

業務に対する一般的な問い合わせや見積もり相談はお電話かメールにて無料で受け付けております。
また、よくあるお問い合わせで業務範囲にあたるかどうかというものもありますが、そのようなご質問なども
当然に受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

◆経済的事情により法律相談料を支払えない方のための無料法律相談について

経済的事情により法律相談料を支払えない方の場合、一定の資力要件を満たせば、
法テラスの登録事務所として弊所による無料法律相談を行うことが可能です。
無料法律相談等について詳しくはこちらをご参照ください。

◆有料相談を依頼する方法

有料相談を依頼される場合、事前に電話かメールで大まかな相談内容をご連絡ください。
依頼者様が有料相談のお申し込みを決定された場合には、弊所の側で相談を受けるための
準備を行うとともに、相談のための日程を連絡させていただきます。
尚、ここでいう準備とは関連法令の準備や相談のための事前調査をいいます。
ご相談内容によってはお問い合わせ時点で結論の判断のつくものもありますが、弊所では正確かつ
適切な回答を行うため依頼者様の相談を受ける前には事前準備として関連法令等の再確認を
行っております。
法律の改正は頻繁に行われておりますので、ご相談時点での最新のものを確認しておかなければ
間違いが起こる可能性があるためです。
また、契約書などのご相談の場合には事前に業界のことを調べておかなければ思わぬ間違いが
生じることがありますので、事前調査が必要です。
さらには、業務全般についての研修等を受けているといっても個々の業務に対する知識レベルや
経験値に違いがありますので、知識レベルが弱いと思われる分野の場合には相談の質を高める
ために事前に知識を補強する必要も生じます。
もちろん、具体的な相談の時点で新たな検討が必要な事実が判明することもありますが、最低限必要な
確認を事前に確実に行うことで相談の質を高める必要があるわけです。
尚、相談は実際の依頼を受けるための前提行為であると考える方もひょっとしたらいるかもしれませんが、
弊所では独立した業務範囲だと考えております。
例えば、所有権移転に関するご相談でも弊所に関する相談の後に所有権移転登記を依頼する方のみでなく、
弊所に相談の上で自分で登記をされたい方もいると思いますし、契約書についても基本的なことだけを聞けば
あとは自分で作りたいと思う方もいると思います。
実際の依頼となれば費用がかさむことからある程度の情報を得たらあとは自分でやりたいという方もたくさん
いると思いますので、相談自体も独立して役に立つものであるように心掛けたいと考えております。

◆相談業務に関するよくある勘違いについて

1、有料相談と一般的問い合わせの違いについて

有料相談と一般的問い合わせの違いは具体的に相談内容を解決するための手段を提示させていただくか
否かにあります。
例えば、契約書作成に関する相談を弊所に依頼する場合、まずはお電話やメールでのお問い合わせを
依頼者様からしていただくことになります。
これらは弊所で業務相談を受ける上での前提行為となります。
この段階では、そもそも弊所の業務範囲に入るのかということの検討などで依頼者様からある程度大まかな
依頼の内容をお聞きし、一般的な回答はさせていただきますが、具体的にどうすればいいのかといった
最終的な結論までは提示することはできません。
あくまで簡易にお答えできる範囲でお客様の疑問にお答えし、依頼者様が自己解決できる事例か、
他の専門家に依頼した方がふさわしいか否かを判断する材料を提供させていただきます。
尚、一般的な問い合わせは相談のための前提行為であるためもちろん無料です。

2、一般的問い合わせの回答範囲について

たまに有料相談ではなく、無料の一般的な問い合わせで具体的にどうすればいいのか等結論を求める方が
いらっしゃいますが、一般的な問い合わせ時点では大まかな状況しか弊所も把握しておりませんので、
具体的な結論を導くことは困難です。
また、一般的な問い合わせによる場合、検討のための具体的な素材不足等の原因によって弊所の側の
基礎事情の認識違いなどが生じることもありますので、回答自体の正確性に問題が生じ得ます。
無料での一般的な問い合わせでは、あくまで一般論としてこうだという回答になりますことを
あらかじめご了承ください。
あくまで具体的結論について相談されたい方は有料相談の方でお願い致します。


業務に関するご相談は 06−4967−9119 へ

司法書士・行政書士 よどがわ事務所
〒533−0005 大阪市東淀川区瑞光1−3−12 明徳ビル205号
電話番号 06−4967-9119 FAX番号06−6379−3990
メールアドレス info@shiho-shoshi.asia


Copyright(C)2008-2017 司法書士・行政書士 よどがわ事務所 All Rights Reserved.